スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
遊佐混声合唱団第30回定期演奏会 12月11日
20051212165422.jpg

 山形県遊佐町は人口2万人弱、秋田県境と接する県北部に位置する。最近流行の合併に与せず独立を目指すえらい町だ。ハンガリーソルノク市との交流に歴史も古く、うちのオケの交流もこの縁から始まっている。日ハ協会山形県支部も確かこの町にあり、『おらほの町は、ソルノクと合併する!』と町長さんがおっしゃる(もちろん冗談でしょう!)町なのだ。この合唱団もソルノク市でのコンサートを開いている国際的な合唱団なのだ。たぶん。
 それはさておき、この日のコンサートは3部構成。第1部は”祈りの響”と称して、グレゴリア聖歌からコダーイの”ミゼレーレ”まで5曲が歌われた。うーん・・・。難しい曲が並んでました。上手に聞かせるのは大変です。わかるわかる。
 第2部の”歌の万華鏡”これはよく知っている有名な曲がいっぱいあって楽しめました。拍手もだんだん大きくなって歌っている人も乗ってきているのが判った。武満徹の”うたうだけ””つばさ”大好きです。この曲を聴けただけで得をしたような気がするのだ。
 第3の佐藤眞の”組曲 旅”これは日本の合唱団の定番なのだろうか。よく歌いこまれているのか素晴らしかった。楽しめました。この合唱団、年々上手になってきていると思う。うちのオケの、FlのSさんとFgのTさんは二足の草鞋を履いていてここで歌っているのだ。暗譜の曲もあったのに、頑張っているなあ。オケだと楽譜にかじりついていてオレの棒なんかみてくれないのに・・・・・(オレの繰言でした。スマン。)
 それにしても30年とは、継続は力なりですなあ。うちのオケも頑張りますから、20周年のときのように一緒にやりませんか。歌の伴奏ってオレは大好きです。よろしく。
スポンサーサイト
【2005/12/12 19:21】 | こんなコンサートを聴いた | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<榊原栄さんの思い出 | ホーム | 12月10日 練習>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tabinooyazi.blog28.fc2.com/tb.php/30-b0993e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。