スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ヴェネツィア合奏団&ミカラ・ペトリ を聴く
 11月28日(月)酒田市 希望ホール

プログラムは次の通り
 
  ヴィヴァルディ 協奏曲集 ”四季”
  マルチェッロ  オーボエ協奏曲 ハ短調
  ヴィヴァルディ  リュート協奏曲
  ヴィヴァルディ  リコーダー(ピッコロ)協奏曲

 まずはじめに四季から”春””夏”がコンマスともう一人のヴァイオリン奏者のソロで演奏された。まあなんとレガートな出だしで吃驚しました。シモーネさんの横に振るだけの棒で合うんですから、またまた驚きです。ヴェネツィアの空と海はこんなに明るいんだとこの音色から想像しました。”秋””冬”はペトリさんのリコーダーのソロでした。ソプラリーノからはじめてみる途中でおれまがっているかなり大き目のリコーダ(たぶんテノール)まで駆使しての演奏。もの珍しさもあって楽しめました。シモーネさんは”冬”のところで燕尾服の襟を立てて寒さに震えるまねをしたりしてサービスいっぱい、お茶目なところのある素敵な人のように見えます。
 休憩の後は2階席から1階の一番前に席を移動。このくらいのアンサンブルだと前のほうが楽しめます。音もそれぞれクリアに聞こえて、ヴァイオリンの後ろの人の音がきちんと聞こえてめちゃくちゃ旨いのが手にとるようにわかります。奏者の顔の表情が実にいいんです。日本人は舞台の上で能面のようになりやすいですよね。はにわ合奏団になるなとある指揮者から言われたことがあります。
 それはさておき、オーボエすごく上手でした。プログラムにメンバー表が無くて名前はわかりませんでした。メンバー表、絶対あるべきだと思いますよ、主催者殿!いつもはあるはずの立派なツアー用のプログラムもありませんでした。残念。そういう訳で、次のリュート(弾いていたのはマンドリンだと思いますが)の方の名前もわかりません。これはギターでもよく弾かれる曲でした。とてもかわいらしい音で、奏者の”大滝秀治”似の顔とのミスマッチが嬉しかった。(失礼)
 最後にペトリさんでピッコロ協奏曲。リコーダを3本もってきていてとっかえひっかえて演奏してました。あれはなんでそうしているのかな。一緒に聴いた物知りによると、たぶん吹き続けるとピッチが高くなったり、管の中に水が溜まったりするために変えているんだろうとの事。なるほどなるほど。音程のよいことと、息の長いことに感心しました。それに指があんなに早く回るものですね。
 アンコールはペトリさんのソロから。歌いながら吹くという奏法はじめて見ました。歌と笛の音がちゃんと和音になっているなんてスゴイ。次はテレマンのドンキホーテ組曲から1曲。これ全曲聴きたかったなあ。次はチェロの音が素晴らしかった何とかのセレナーデ。チェロってこんな音が出せるんだと、つい自分の情けない音とつい比べてしまうんであります。最後はロッシーニの弦楽ソナタ1番の第3楽章でした。この曲はヴァイオリン2本とチェロとコントラバスのために書かれていてヴィオラはありません。シモーネさんがヴィオラのほうを見ながら申し訳ないというしぐさをすると、ヴィオラの3人はいやいや構いませんよというしぐさで返します。最後の音だけヴィオラも一緒に引いて大円団。やんやんの拍手でした。
 それにつけてもいい演奏会なのにお客さんが少なくて残念です。この時期はコンサートがいくつもありますから仕方の無いことですが。でも拍手はいっぱいのコンサートでした。
スポンサーサイト
【2005/11/29 10:56】 | こんなコンサートを聴いた | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<冬将軍様 ご到来! | ホーム | 風車ではなく水車>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tabinooyazi.blog28.fc2.com/tb.php/21-cb0762a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。