FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
有森博ピアノリサイタル
20070409205332.jpg

いつものように飄々としてステージに現われた有森氏。ショパン、バッハ、ベートーヴェン、ドビュッシー、シューマン、リスト、カバレフスキーと盛りだくさんのプログラムでした。なかでも一番印象に残ったのは、休憩の前に弾かれたA.ババジャニアンというアルメニアの作曲家の作品”詩曲”でした。めったに聴く機会の無いこんな曲に出会えるのはとてもうれしいことです。繊細なタッチのppと、一転強打のff,その劇的な変化には、背中がぞくぞくしました。また、たくさんのアンコールもいつものとおり。最後に人差し指を立てて、もう一回のしぐさは、やんちゃ坊主がピアノを弾くのが嬉しくてたまらないというという様子でした。
実は昨年の6月、鶴岡でうちのオケと協演させていただく機会がありました。ショパンのコンチェルトでした。不肖タビの親父が棒を振らせていただきました。その練習のときの写真をちょっとだけ。

20070409213628.jpg



スポンサーサイト
【2007/04/09 21:38】 | こんなコンサートを聴いた | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<桜はまだですが、春です。 | ホーム | 来年3月の話ですが>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tabinooyazi.blog28.fc2.com/tb.php/109-cd430d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。